名前 PassWord 新規作成

  22P  
ストレスに反応するコルチゾールは敵か味方か
2016年8月1日 西田佐保子 / 毎日新聞 デジタルメディア局
https://mainichi.jp/premier/health/articles/20160729/med/00m/010/012000c

ホルモンを知る-「コルチゾール」の誤解【前編】

生命維持のため、体のさまざまな機能調節の役割を担うホルモン。100種類以上あるホルモンのうち、ストレスから私たちを守る働きを持つのが「コルチゾール」です。心理的、身体的ストレスの指標ともされるこのホルモンの知られざる特徴について、福岡大学の柳瀬敏彦教授(内分泌糖尿病内科)に聞きました。前後編で紹介します。

ストレスから体を守る大切なホルモン

私たちが不安や緊張などのストレスを感じると、脳の視床下部という部分からCRH(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)というホルモンが放出されます。CRHは同じく脳にある下垂体から算出されるACTH(副腎皮質刺激ホルモン)の分泌を促進します。血液中に放出されたACTHが副腎に辿り着くと、糖質コルチコイド、鉱質コルチコイド、アンドロゲンという3種類の副腎皮質ホルモンの合成と分泌を刺激します。

「コルチゾール」は、糖質コルチコイドの1種です。さまざまなストレスに反応して分泌されるため、アドレナリン、グルカゴン、成長ホルモンと共に「ストレスホルモン」とも呼ばれています。

コルチゾールはストレスを感じたときだけ分泌されるわけではありません。起床の約3時間前から分泌が増え始め、起床時に分泌量がピークに達します。その後、徐々に減少して、就寝前には非常に少なくなります。このように、日中も一定量分泌されていますが、私たちが何らかのストレスを受けると、コルチゾールは分泌量を増やします。その作用で血圧を上昇させ、ストレスという非常事態に対応するための「闘争」もしくは「逃避」に備えます。つまり、ストレス時に分泌されるのは体がストレスをもたらす環境に適応するための反応なのです。「ストレスホルモン」という呼び名で誤解されることも多いのですが、コルチゾールはストレスへの対処に不可欠な大切なホルモンなのです。

コルチゾールには血圧上昇のほかにも、脂質や蛋白質をエネルギーに変えたり、体内の炎症を抑制したりするなどの作用があります。また、肝臓で蓄えられたグリコーゲンを分解し、ブドウ糖にして血中に放出し、血糖値を上昇させる働きもあります。コルチゾールはこのような作業を通じて日常的に、血圧や血糖値の低下状態を防ぐ体の危機管理をしているのです。

ステロイド剤を適切に使用すべき離油

コルチゾールの分泌量は血液や尿から計測できます。血中コルチゾールの基準値は4.0〜23.3μg/mL(午前8〜10時)で、平常時はだいたい15μg/dL未満です。ストレスにより分泌量が増え、極度のストレス時には通常の10倍も分泌されることがあります。重症のけがなどで集中治療室に入院した人の血中コルチゾール値を測ったところ、通常の2〜3倍の30〜40μg/dL程度にまで上昇していたという報告もあります。精神的ストレスだけでなく、肉体的ストレスでも、コルチゾールの分泌が増えます。

下垂体や副腎にできる腫瘍が原因で、副腎から大量のコルチゾールが産生される病気が「クッシング症候群」です。顔が「ムーンフェース」と呼ばれる大きな丸い赤ら顔になり、手足は細くなります。治療をしないでいると高血圧、糖尿病、骨粗鬆症を発症したり、悪化させる恐れがあります。

みなさんは、「ステロイド」という薬を使ったことはありませんか。病気の治療でステロイド剤を長期に服用した場合には、クッシング症候群と同様の「ムーンフェース」などの症状が起こります。ステロイド剤には、強い炎症やアレルギーを抑えるため、コルチゾール(糖質コルチコイド)乃成分を化学合成したものが配合されています。免疫反応を抑える作用があり、自己免疫疾患である膠原(こうげん)病の治療薬としても使用されています。一方で、炎症を抑えるというのは、体の免疫力を抑えることです。ステロイド剤を必要以上に長期使用すると免疫機能が落ちて体の抵抗力が弱まり、感染症を起こしやすくなることがあります。医師の指示に基づき、必要十分な効果を発揮する適切な使い方をすることが重要です。

クッシング症候群の逆で、コルチゾールの産生が少なくなって起きるのが「副腎不全症」です。全身の疲労感、胃部不快感や食欲不振などの消化器症状、関節痛、体重減少を始め、さまざまな症状が表れます。その原因が副腎自体にあるものをアジソン病といい、2015年から難病に指定されました。アジソン病発症の2大原因は自己免疫と感染症です。自分の副腎組織に免疫反応が起きて抗副腎抗体が産生され、それが副腎を攻撃してしまうのが前者。後者は、副腎組織が広く感染症に侵され、本来のホルモン産生機能を発揮できなくなってしまうことにより発症します。

症状として皮膚の色が黒くなることがあります。アジソン病にかかっている人がインフルエンザなどの感染症にかかると、コルチゾールによって体を外敵から守るストレス反応が十分働かないため、生命の危機に直面する「急性副腎不全(副腎クリーゼ)」になることもあります。副腎からコルチゾールが分泌されていないことが検査で分かった場合、コルチゾールと同成分のヒドロコルチゾン(製品名:コートリル)という薬を障害、服用し続けなくてはいけません。

コルチゾールが本来は私たちをストレスから守る“味方”であることが分かっていただけたと思います。

   ◇   ◇   ◇

やなせ・としひこ 1980年、九州大学医学部卒業、同第三内科入局。九州大病院、飯塚病院での2 年間の臨床研修の後、北九州医療センター糖尿病センター勤務などを経て、米国テキサス大学(ダラス校)に留学。90 年に帰国後、稲築病院勤務。91年助手として九州大学に帰学し、講師、准教授を経て、2009 年より福岡大学医学部内分泌・糖尿病内科教授。日本内分泌学会筆頭理事、日本ステロイドホルモン学会理事長、日本アンドロロジー学会理事、日本糖尿病学会学術評議員。2016年度日本内分泌学会賞受賞。


<><><><><>

「副腎疲労で健康悪化」は本当?
2016年8月2日 西田佐保子 / 毎日新聞 デジタルメディア局
https://mainichi.jp/premier/health/articles/20160801/med/00m/010/006000c

ホルモンを知る-「コルチゾール」の誤解【後編】

 前回は、一般に“ストレスホルモン”と呼ばれる「コルチゾール」が果たしている、私たちの体を守る働きについて、福岡大学の柳瀬敏彦教授(内分泌糖尿病内科)に聞きました。今回は、コルチゾール分泌が慢性的に減少する状態として、近年の話題になることが多い「副腎疲労」について、そしてコルチゾールと関わりが深く長寿にかかわると言われるホルモン「DHEA」について、引き続き柳瀬教授に解説してもらいます。

慢性ストレスで副腎は疲労する?

 副腎皮質からのコルチゾール分泌量が減少して発症するのが、全身の疲労感、胃部不快感や食欲不振といった消化器症状などを伴う「副腎不全症」です。一方、最近よく言われる説として、私たちの体が長期間ストレスにさらされた結果、「副腎疲労」が起き、ストレスに反応するコルチゾールの分泌能力が低くなって副腎不全症のような症状が出る、というものがあります。強いストレス環境で、休む間もなくコルチゾールを分泌し続けた副腎が疲労してしまう……という考え方ですが、現時点においては、明確な根拠はありません。慢性的なストレス環境では、視床下部、下垂体、副腎系のホルモン調節に一時的な障害が起きることは分かっているので、副腎やコルチゾールに限定せず、自律神経機能やホルモン調節系全体が一時的な機能不全に陥ることはあるかもしれません。

 ストレス社会に生きる私たちの種々の体調不良を説明する上で、「副腎疲労」は魅力的な仮説だとは思います。しかし、私自身は長期間ストレスにさらされた結果、コルチゾールの分泌が少なくなる、ということはないと考えています。コルチゾールがストレス指標として用いられるので、コルチゾールをストレスそのものや副腎疲労を引き起こす“悪玉ホルモン”と勘違いしている人がいますが、そうではありません。コルチゾールは皆さんのストレスに対処すべく、戦ってくれているけなげなホルモンなのです。

コルチゾールとシーソーの関係で動くDHEA

 コルチゾールの分泌が増えると減り、コルチゾールの分泌が減ると増える……いわばシーソーの関係にあるのが、副腎や性腺(精巣や卵巣)で産生される弱い男性ホルモンの一種「DHEA」(デヒドロエピアンドロステロン)です。女性がDHEAを服用すると、骨密度が上がる、シミが減る、肌が潤う、性欲が上がる、などの効果があることが分かっており、近年「若返りホルモン」として注目されています。

 久留米大学のグループは、DHEAに関する27年もの追跡調査の結果を報告しています。それは、DHEAの血中濃度が高い男性ほど死亡率が低いというものです。福岡県・旧田主丸町(現久留米市)で1978~79年にかけて行われた住民検診において、男性396人、女性544人のDHEA血中濃度を測定しました。この時の結果を高(200μg/mL)、中(120~200μg/mL)、低(120μg/mL未満)の3グループに分けて追跡調査した結果、高グループの男性は、低グループに比べ、死亡率が約8割低かったのです。女性は女性ホルモンの影響のせいか、DHEA血中濃度と寿命との関連は認められませんでした。これはあくまでも想像ですが、DHEAの分泌はストレスで低下することが知られていますので、当時検診を受けた男性でDHEA濃度が低かった方は、ストレスフルな状況が続く生活によって、寿命が短くなったのかもしれません。

 このように、DHEAと長寿は関係があると言われてはいますが、明確に証明されているわけではなく、今後の検証が必要です。DHEAをサプリメントとして服用した場合、特に女性にはニキビができやすい、乳房痛が起きるなどの副作用もあります。また、体内で男性ホルモンのテストステロンや女性ホルモンのエストロゲンに転換するので、これらのホルモンで悪影響を受ける前立腺がんや乳がんなどのがんに罹患(りかん)している方は、服用を避けてください。

 心身への適度なストレスは長生きにつながりますが、長期間にわたるストレスが健康を害するのも確かです。一時的なストレスによるコルチゾールの分泌が体に悪影響を及ぼすとは言えませんが、慢性的に過剰分泌されている状態は決して好ましくはありません。完璧主義ではなく、鈍感力も必要です。私は最近、「物事の準備や達成は50%で可」と考えるようにしています。自分なりの日々のストレス適応能力を身につけることが大切です。

   ◇   ◇   ◇

やなせ・としひこ 1980年、九州大学医学部卒業、同第三内科入局。九州大病院、飯塚病院での2 年間の臨床研修の後、北九州医療センター糖尿病センター勤務などを経て、米国テキサス大学(ダラス校)に留学。90 年に帰国後、稲築病院勤務。91年助手として九州大学に帰学し、講師、准教授を経て、2009 年より福岡大学医学部内分泌・糖尿病内科教授。日本内分泌学会筆頭理事、日本ステロイドホルモン学会理事長、日本アンドロロジー学会理事、日本糖尿病学会学術評議員。2016年度日本内分泌学会賞受賞。



<><><><><>

生活習慣病やストレス抵抗力と深い関係「DHEA」
2018年1月8日 米井嘉一 / 同志社大学教授
https://mainichi.jp/premier/health/articles/20180105/med/00m/010/005000c

ホルモンの話【2】
 今回は、体内に最も豊富に存在するDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)というホルモンのお話をします。免疫機能の維持やストレスに対する抵抗力、生活習慣病のリスク低減などに関わるホルモンで、血液中の濃度が高い人は長生きすることも分かっているのです。

ホルモンの母
 DHEAはコレステロールから合成される「ステロイド系ホルモン」です。腎臓の上にかぶさる副腎の皮質(網状体)から分泌され(図1)、これを元に女性ホルモン、男性ホルモン、ストレスホルモン(コルチゾル)、たんぱく質を作り出す(たんぱく同化)ホルモンなど50種類以上のホルモンが作られます。まさにホルモンの母といったところですね。

 このためDHEAについては、どれが直接作用で、どれが他のホルモンに変化してから表れる間接的な作用なのかを区別するのは困難です。しかし、不足するとさまざまな問題が起こることは想像できるでしょう。

DHEA濃度が高い人は長寿
 DHEAの分泌は加齢と共に低下します(図2)。
 DHEAはインスリンの働きを助ける作用もあるので、分泌量の低下は、メタボリックシンドローム、脂肪肝、糖尿病、高脂血症、高血圧、骨粗しょう症などの生活習慣病の発症リスクを高めることが分かっています。大規模な調査によって、血液中のDHEA濃度が高い人の方が寿命が長いことも示されています。
 現代はストレス社会と言われています。仕事や家事に追われて、ストレスがたまっている人も多いでしょう。ストレスへの抵抗力にはDHEAが関係します。血中のDHEA濃度は、ストレスに強い人で高く、ストレスに弱い人は低値を示します。若いころはストレスに強かった人でも、加齢にともなってDHEAが減ってくると、だんだんとストレスに弱くなります。DHEAは脳内で脳細胞に直接何らかの作用をしていると考えられています。

血液中ではDHEAの99%が、硫黄化合物のDHEA-sという形で存在する。このため、血液検査ではDHEA-sを測定する。DHEA-sは貯蔵用のホルモンで、この状態では細胞に命令を与えることはできない。細胞に作用するときはDHEAに変化する。米井嘉一著「抗加齢医学入門(第2版)」慶應義塾大学出版会より引用、改変

女性の健康との深い関係

 もう一度、図2を見てみましょう。図中の小さな点は被験者の値の分布を示しています。20、30歳代でもDHEAの値が低い方が存在することが分かるでしょう。DHEAの値が低い人は冷え性が強く、むくみやすい特徴があります。女性の場合は卵巣機能低下を来している可能性があり、生理不順や妊活に支障が出ることがあります。そのため生殖補助医療を実施するクリニックでは、サプリメントでDHEAの補充を勧める場合もあります。
 60、70歳代の女性は、血中の女性ホルモン(エストロゲン、プロゲストロン)が検出される人とされない人がいます。女性ホルモンが検出される人の方が骨密度が高く保たれ、認知機能も良好で、元気な人が多いことが分かっています。
 しかし、更年期を過ぎた女性は卵巣機能が停止しているため、女性ホルモンは生成されません。それでは女性ホルモンはどこから来たのでしょうか? DHEAを材料にして、体の組織で女性ホルモンを作っているのです。つまり副腎が元気でDHEA分泌量が多い人が、女性ホルモン濃度も良好に保たれるということです。
DHEAの分泌を増やすには
 どうすればDHEAの分泌を増やせるのかというと、実はDHEAの分泌機構は完全には解明されていないので良く分からないのです。
 ただ、副腎のDHEA産生細胞を見てみると、加齢に伴って老廃物が蓄積しているのが分かります。それが原因でDHEA分泌量が低下するようです。老廃物とは、体のたんぱく質や脂肪が酸化したり糖化したりしたものです。ということは酸化や糖化をできるだけ抑えることが老廃物の蓄積を減らすコツと言えます。ですから、運動不足や偏食、喫煙、過度な飲酒などは避けるべきです。
 また、理由はわかっていませんが、筋肉の量が多い人、身体活動量が高い人の方が血中のDHEA濃度が高い傾向にあります。運動不足になると筋肉量や筋力が衰えてきます。DHEA濃度を良好に保つために、筋肉をしっかり確保することが重要です。フィットネスクラブで週3回の運動を実践すると、血中のDHEA濃度が15~20%アップすることが明らかになっています。実践してみてはいかがでしょうか。
【医療プレミア・トップページはこちら】

米井嘉一
同志社大学教授
よねい・よしかず 1958年東京生まれ。慶応義塾大学医学部卒業、同大学大学院医学研究科内科学専攻博士課程修了後、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校留学。89年に帰国し、日本鋼管病院(川崎市)内科、人間ドック脳ドック室部長などを歴任。2005年、日本初の抗加齢医学の研究講座、同志社大学アンチエイジングリサーチセンター教授に就任。08年から同大学大学院生命医科学研究科教授を兼任。日本抗加齢医学会理事、日本人間ドック学会評議員。医師として患者さんに「歳ですから仕方がないですね」という言葉を口にしたくない、という思いから、老化のメカニズムとその診断・治療法の研究を始める。現在は抗加齢医学研究の第一人者として、研究活動に従事しながら、研究成果を世界に発信している。最近の研究テーマは老化の危険因子と糖化ストレス。

作者 : popcornista
作成日 : 2016/10/19 18:52:55
最終更新日 : 2019/08/22 16:38:26

2020/04/04 16:09:58 plus.ozma.beer/newsplusinfo (secondsecretary)
2020/04/02 22:45:14 sasaki.ozma.beer/kojiro (KUWATORO)
2020/03/31 23:36:56 isikawa.ozma.beer/seitarou (NAMIBIA)
2020/03/31 23:15:22 watanabe.ozma.beer/miyabi (ERIEALE)
2020/03/03 20:41:50 abc.ozma.beer/NIVEA (NIVEA)
2020/03/01 15:29:58 fox.ozma.beer/bygree (XAMARIN)
2020/02/13 15:54:23 royal.ozma.beer/setsumei (ROYAL)
2020/01/03 22:04:42 abc.ozma.beer/katuyatamuro (katuyatamuro)
2019/11/01 22:38:37 plus.ozma.beer/seijinewsplusinfo (secondsecretary)
2019/11/01 22:37:38 plus.ozma.beer/scienceplusinfo (secondsecretary)
2019/11/01 22:37:10 plus.ozma.beer/mnewsplusinfo (secondsecretary)
2019/08/22 16:38:26 ozma.beer/LowCarb_4nwbs (popcornista)
2019/08/11 02:19:32 guide.ozma.beer/LCHF-CarbCyc-Practice (popcornista)
2019/08/02 14:36:46 ookami.ozma.beer/maki923ouen (yanyan)
2019/06/08 02:47:58 plus.ozma.beer/lifesaving (secondsecretary)
2019/02/18 22:54:33 plus.ozma.beer/han (secondsecretary)
2018/06/22 04:54:14 lchf.ozma.beer/MLCT_Cocos_nucifera (popcornista)
2018/06/02 02:22:09 plus.ozma.beer/circuitbreaker_mnewsplus (seventhsecretary)
2018/05/21 02:10:51 phantom.ozma.beer/オズマ・ビール (phantump21)
2018/05/13 12:53:46 ozma.beer/yokikawa (yokikawa)
2018/04/29 02:55:45 plus.ozma.beer/circuitbreaker_newsplus (seventhsecretary)
2018/03/20 17:20:55 plus.ozma.beer/yorozu (secondsecretary)
2018/03/06 01:24:20 duno.ozma.beer/note01 (arcticblue)
2018/02/16 01:58:45 def.ozma.beer/abc (automaton)
2018/02/16 01:26:37 plus.ozma.beer/オズマ・ビール (langerhans123)
2018/02/10 09:24:51 duno.ozma.beer/template05 (arcticblue)
2018/02/09 12:43:37 duno.ozma.beer/template04 (arcticblue)
2018/02/08 20:57:25 plus.ozma.beer/2017tatekobaizou (sakura)
2018/02/05 15:53:35 duno.ozma.beer/template03 (arcticblue)
2018/02/05 15:53:23 duno.ozma.beer/template02 (arcticblue)
2018/02/05 15:53:12 duno.ozma.beer/template (arcticblue)
2018/01/20 02:54:33 abc.ozma.beer/tanaka (%E3%83%8F%E3%82%)
2017/11/24 22:21:17 ozma.beer/resistantstarch (popcornista)
2017/11/24 15:06:55 duno.ozma.beer/mokuzi (arcticblue)
2017/11/24 00:23:48 plus.ozma.beer/newsplus_kikakubu (sakura)
2017/10/01 11:58:46 abc.ozma.beer/yuchan (yuchan)
2017/08/04 17:41:04 運用情報臨時.ozma.beer/綺麗(p53も (%E5%88%B9%E9%82%)
2017/07/29 16:55:00 plus.ozma.beer/scouter (secondsecretary)
2017/06/15 18:57:41 plus.ozma.beer/unofficial (unofficial)
2017/06/08 15:25:17 ozma.beer/&amp;39; (amp;39;)


テンプレ置き場を作るぞ(LowCarb_4nwbs)

結構できてきた
ここで開発やってます 【オズマ】テンプレ置き場をだらだら作るぞ。質問・要望・提案
貴方のオズマ編集用おアカウントを作ります
お好きなニックネームとパスワードを登録してくださいな
ニックネーム 半角英数(4文字以上16文字まで)
 例) apple , 4649 , FuJi36 , daruma3 ,,,
パスワード 半角英数(4文字以上16文字まで)
 例) 19910324 , 01201000100 , 9ma3 , AKB48 ,,,
もしくは
名前 PassWord 新規作成


Ozma ozma.beer/LowCarb_4nwbs
Mai3 maido3.jp/LowCarb_4nwbs



プライバシーポリシー

感謝!! 2ちゃんねる
オズマ ver 0.01 2016/02/15 FOX ★